雨漏り被害の影響について

subpage01

雨漏りが引き起こす被害は多岐にわたり、雨漏りを放置しておくのは大変に危険なため、早急な対応が必要となります。


雨漏り最初に気づくのは、天井や壁などに発生するシミです。

見栄えが損なわれるだけでなく、壁紙は雨水が接着剤の粘着力を弱めることで剥がれやすくなります。
根本的に雨漏りを修繕しない限り、張り替えても再び剥れてしまいます。

さらにシミと同時に発生が多く見られるのがカビです。



カビは高温多湿の環境を好み、空気中に漂うチリやホコリ、木材や塗料などの建築資材をエサとすることで増えていきます。壁紙の裏など目視が難しい場所で繁殖することもあり、壁紙を剥がした際に大量のカビを発見することも珍しくありません。
カビは建物の美観を損ね、他にも徐々に材質を劣化させます。ダニはカビを餌とするため、ダニの発生を招きアレルギーや呼吸器疾患などの健康被害に発展しかねません。

木材を腐らせてしまう菌類も高温多湿を好み、建材が侵食されることで亀裂が生じたり、木材に穴を空けられると住宅自体にダメージが与えられます。



住宅の土台部分が被害を受けると、建物全体の耐久性が低下します。

また、傷んで柔らかくなった木材にはシロアリが寄ってきます。
シロアリは旺盛な食欲を持ち、柱など構造的に重要な部分を食いつぶしてしまう可能性があります。

木材に限らず、断熱材や電線なども食害の被害にあうことがあります。

床を踏むと柔らかい感触がしたり、建付けが悪くなったと感じる場合はシロアリがいる危険性があり調査が必要です。