雨漏りの調査方法には散水や赤外線などがあります

subpage01

住まいは、雨や風、紫外線などの影響を受けやすいことから、年数が経過していくほど劣化もしていくものです。



老朽化や施工状況が良くないなどの理由から、雨漏りが起こることがあります。



主に、屋根や外壁、サッシなどの場所から雨水が浸入してくるケースが多いといわれていますので、天井や壁などに雨漏りが起こっていると感じられた時には、専門知識を持ったスタッフが在籍する業者に、雨漏りの調査を依頼されることをおすすめしたいものです。調査の方法には、目視、原因場所として疑われる部分へ水をかけて雨漏りを再現させるという散水調査、赤外線サーモグラフィ画像によって雨水が浸入している場所を特定するという赤外線調査方法などがあります。
信頼できる専門業者の中には、これらの方法で調査を行い、雨水が浸入している場所を特定して修理をした後にも、再度散水調査や赤外線調査などを実施して、確実に雨水の浸入を止められているかどうかを行っているものですから、このような専門業者に依頼されてはいかがでしょう。



また、無料にて相談を受け付けているところがありますので、まずはこちらを利用されて調査方法などを聞いて検討されるのがいいでしょう。

住まいが雨漏りをしているとわかったなら、早めに専門業者に相談され、調査や修理をし解決されることをおすすめしたいものです。


放っておかれますと、他の部分にも影響がでるといわれていますので、早めに解決しましょう。