雨漏りの主な原因は3つ

subpage01

雨漏りが起こってしまう原因は、主に3つに分ける事が出来ます。



一つ目の原因は、瓦やスレート、棟板金などが破損してしまっていたり、これらの接地部分が浮いてしまう事で起こります。二つ目の原因は、経年劣化によって、塗装が剥がれてきてしまい、防水機能が低下する事で起こります。
三つ目の原因は、施工時の手抜きによって起こってしまい、築年数が新しいのみも関わらず雨漏りの原因となります。これらの原因は、瓦やスレートを扱っていれば起こりうる原因となるため、突然のトラブル防止のため、定期的な点検が大切になります。



また、屋根裏などに雨水がたまってしまうと、木造建築の場合には、カビや劣化を早めてしまう原因となるため注意が必要です。
突然雨漏りが起こってしまった場合には、速やかに専門業者に相談をする事が大切ですが、高額な修理代金を請求されないためにも、平均的な修理金額を把握しておく事や、無料見積もり内容をよく確認する必要があります。
特に見積もりは複数の業者に頼む事で修理金額を比較し、より安い業者に修理を頼む事が出来るので必ず複数の業者へ見積もりを頼むようにしましょう。

また、施工不良によって雨漏りが起きてしまった場合には、必ず家を建てた時に利用した会社へ相談を行う事も大切ですが、再度修理を同じ会社に頼むのが不安な場合は、信頼できる専門業者へ頼む事も検討する必要があります。原因をつきとめてからしっかりと複数の業者へ見積もりをして貰い、その中で金額的にも納得し安心して任せる事ができる会社へ依頼するようにしましょう。