雨漏りの原因と対処法

subpage01

築年数が古い家やマンション、アパートなどでよく起こる雨漏りですが、新築だからと油断していると数年後に雨漏りする家になってしまいます。一般的に屋根からの雨漏りが多く発生しています。台風や強風の影響で屋根瓦が飛ばされたり、ずれてしまうことによって雨が侵入してきやすくなります。

それ以外にも壁面のひびが入っているところから雨がしみてきたり、ベランダからしみてくることもあります。
ベランダはコンクリートで作られている事が多く、経年変化でひびが入ったり劣化したりするためです。

家やマンションは一年中太陽光線や雨風にさらされている為、少しずつ劣化は進んでしまいます。



それを少しでも防ぐ為には定期的なメンテナンスが必要です。


屋根の場合は目視で瓦がずれたりしていないか確認を行い、登れるところであれば登ってずれを修正したり、それでも治らない場合は業者に連絡して修理してもらいます。

しかし業者が来るまでの期間にも雨が降ったりして雨漏りが続くので、ブルーシートをかぶせるなどの対処をするとある程度防ぐ事が出来ます。
壁面の場合は、ひびが入っている箇所が無いかなチェックをして、届く範囲であれば塗装の塗り直しをする事で修復します。

自分自身でやれる所は迅速に対応する事は出来ます。



それ以外の専門的な技術が必要な所は無理せずに業者に依頼する方が良いです。


雨漏りは家中が湿気やすくなるだけではなく、カビや害虫の発生の原因にもなります。



放っておかずすぐに対処しましょう。